記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】「アクシージア」短期・中期的に妙味大 「京東618」関連の最有力銘柄 今7月期業績の増額期待増す (1/2ページ)

 新型コロナウイルス変異種の感染増加とともに東京五輪開催問題、そして中国と、米国を中心とする西側諸国との外交摩擦が、現在の国内ニュースの中心と言ってもいいでしょう。

 来年2月に北京冬季五輪の開催を予定する中国ですから、それまではネガティブな行動を起こすとは考えにくく、過度な懸念を持たなくてもいいかもしれませんが…。

 その中国では来月6月18日に「京東618」が開催されます。「京東618」は、中国直販型ECサイトでトップの京東(JD・com)を運営する京東商城の設立日に開かれるオンラインの一大セールです。

 アリババグループが運営するECモール「天猫」が11月11日に開催する「独身の日」とともに中国ECの2大イベントとされています。

 今回が11年目の「京東618」。京東商城は家電系ECモールに強みを持っていましたが、近年はベビー用品や化粧品、日用雑貨品を急速に拡充しています。

 この「京東618」に参加を予定するのが「アクシージア」(4936)です。その意向は3月の今2021年7月期第2四半期決算説明会で示されています。

 アクシージアはスキンケア中心の化粧品やサプリメントを製造し、エステサロン、美容院、個人向けに販売する企業。コロナ禍では口紅など化粧品の需要低迷が深刻化していますが、主力としているスキンケア商品の売れ行きは全般に良好です。

関連ニュース