記事詳細

米が「ユニクロ」輸入差し止め、原材料に「ウイグル綿」使用の疑い 強制労働品でない証明が不十分 「非常に遺憾」とファストリ (1/2ページ)

 産業界もウイグル問題を避けて通れなくなっている。中国の新疆ウイグル自治区の強制労働をめぐる輸入禁止措置に違反したとして、米税関・国境警備局(CBP)がカジュアル衣料大手「ユニクロ」製品の輸入を1月に差し止めていたことが分かった。

 CBPが今月10日に公表した文書によると、西部カリフォルニア州ロサンゼルス港の当局が1月5日、ユニクロの男性用シャツを押収した。中国共産党の傘下組織でウイグル綿花の生産団体である「新疆生産建設兵団(XPCC)」が、原材料の生産に関わった疑いがあるとしている。

 米政府はトランプ前米政権下の昨年12月、強制労働を理由としてXPCCが関与した綿製品の輸入を禁止した。綿の原材料は生産過程が複雑で、原産地の特定が困難とされるが、輸入する企業に、強制労働の製品を使っていないと証明する義務を課していた。

 ユニクロ側は今年3月末、差し止め措置は不当だとして反論手続きを開始し、原材料は中国国外で生産されていると主張した。だが、CBPは、強制労働品ではないとの証明が不十分だとして却下。バイデン政権下でも厳しい姿勢が鮮明になっている。

関連ニュース