記事詳細

ゴム入りパンツ敬遠組にこそ試してほしい 春夏向けパンツ「コムルヴァン・オム お父さんの7得らくらくチノパンツ 3色組」

 産経ネットショップで昨年から人気を集めている春夏向けパンツ、「コムルヴァン・オム お父さんの7得らくらくチノパンツ 3色組」を、3日ほどの短期間ですが試着してみました。

 商品名にうたわれている「7得」。産経ネットショップの商品紹介ページでは、以下のように説明があります。

 1.吸汗速乾素材で暑い夏でもサラッと快適

 2.ストレッチ素材でのびのびラクラク

 3.ウエスト脇ゴムでスッキリ見えて楽らく

 4.細すぎず、太すぎないこだわりシルエット

 5.ファスナー付きやフラップ付きの安心ポケット

 6.深めの股上設定ではき心地に安心感

 7.ポリエステル混の軽量素材で動きやすい

 ということで、今回はこの7つのポイントに沿って、試着した実感をまとめていきます。筆者のサイズは、身長174センチ、ウエスト78センチ、股下73センチ。パンツは、Lサイズの股下75センチのものを着用しました。

 1.吸汗速乾素材で暑い夏でもサラッと快適
 試着したのは東京近辺で夏日が続いた5月上旬の時期。近所での散歩や買い物、自宅でのテレワークと丸2日間はいていたのですが、汗ばむ陽気でも快適に過ごせました。薄手の素材で、風通しもよく、肌触りがサラッとしています。生地の滑りが良く、脱ぎはきも引っかかりなくスムーズなのも好印象。

 2.ストレッチ素材でのびのびラクラク
 ストレッチ素材なので、屈んだり、しゃがんだりしても無理なく体にフィットしてくれて、窮屈さを感じませんでした。

 3.ウエスト脇ゴムでスッキリ見えて楽らく
 ウエストの両サイドに入ったゴムのおかげで、椅子に腰掛けた時にも、おなかまわりが苦しくならずにすみます。休日の食べ歩きが趣味の方は、ついつい食べ過ぎてしまいそうな点は注意が必要かも。サイドゴムにはもう一つメリットが。座った時にウエストの背中側が引っ張られにくいので、シャツがはみ出しにくくなるんです。これは地味に嬉しいポイント。

 4.細すぎず、太すぎないこだわりシルエット
 デザインはストレートでほどよい太さ。さまざまな体型の方が自然に着こなせるのではないでしょうか。夏場であれば、ポロシャツや開襟シャツなどと合わせると、涼しげに若々しくコーディネートできそうです。ややゆったり目のシルエットですので、流行りの大きめサイズの厚手生地を使ったTシャツなどと合わせてもいいかもしれませんね。

 お尻まわり、足の付け根にも余裕があって、座ったりしゃがんだりした時にも、股にパンツが食いこみにくいです。

 5.ファスナー付きやフラップ付きの安心ポケット
 フロントポケットは、6.1インチ液晶画面のスマートフォンが余裕を持って入れられるサイズ。もっと大きな画面の大型スマートフォンでも楽に入りそうです。右側には、落下防止用の面ファスナーをあしらった小さめのサブポケットがあります。鍵などを入れておくのにちょうどいいサイズ。左側には、メインポケットと同じサイズのファスナー付きサブポケットがあり、こちらは貴重品を収納するのに重宝しそうです。スムーズにファスナーを開け閉めできるところも使いやすいと感じました。

 後ろのポケットは、長財布を入れると頭が少しはみ出すくらいのサイズ感。左側にはフラップがついていますので、用途に応じて左右使い分けるといいでしょう。

 6.深めの股上設定ではき心地に安心感
 股上は深めに作られていて腰まわりをしっかり包み込んでくれるので、はき心地に安定感を求める方に向いていると思います。

 7.ポリエステル混の軽量素材で動きやすい
 ポリエステル混の生地は、はいていることを忘れそうなくらいの軽さ。動きやすいストレッチ素材ですが、ジャージーっぽさはなく、少し光沢感のあるコットンライクな風合い。近くで見ると、生地が薄手なこともあって少し作業着っぽい素材感ではありますが、デザインはオーソドックスなチノパンそのものなので、遠目には私が普段はいているコットンのチノパンとあまり変わらない感じに見えます。ただ、細かいしわはつきやすい感じがしました。家庭用の洗濯機で洗えて、乾きも早いので、こまめに洗って3本でうまくローテーションするといいでしょう。

 以上、7得ポイントについて見てきましたが、たしかに看板に偽りなしと言えるだけの特徴を持っているようです。実際にはいて過ごしてみて、人気の秘密がよくわかりました。

 3色セットのそれぞれの色味ですが、ベージュはオーソドックスな色合い。3色の中ではもっとも着まわししやすい色と言えそうです。ネイビーはかなり濃い目の色味で、アイロンでプリーツを入れれば、半袖のワイシャツと合わせて、ビジネスシーンでも使えそうなカチッとした印象。しわも目立ちにくいので、きちんとした感じを長時間保ちたいシチュエーションにも向いています。アイボリーは少し黄味がかった感じで、夏らしいイメージの若々しい色味なので、思い切ってビビッドな色のカジュアルなトップスと合わせると気分が上がりそうです。3本セットですから、手持ちの服と組み合わせて上手に着回せば、さまざまな場面で活躍してくれると思います。

 このパンツで一番嬉しいのは、お手頃価格であること。筆者は長年、1本3千円前後のファストファッションの量販店のチノパンを愛用しているのですが、この7得パンツも1本あたり約3千円ととても安価なのは大きな魅力です。サイズ展開が5つと幅広く、股下丈も65~75センチの3つから選べますので、裾上げ不要。もしサイズが合わなければ1回交換無料、という点も安心できますね。

 最後に、ウエストにゴムを使ったパンツについての感想を少々。

 実は、筆者は今までルームウェア以外で、ウエストにゴムの入ったパンツを買ったことがありませんでした。ダンディズムの信奉者というわけでもないのですが、はけば楽なのはわかっていても、どこか粋ではない気がしてずっと敬遠してきました。でも、このパンツをはいて過ごしてみて、その機能性の高さに気づかされました。ゴムの入ったサイドのクシュっとした部分の見た目には、まだ少し抵抗がありますが、普段はベルトをしていますので、よく見なければ傍目にはわかりません。総ゴムでなくサイドだけ、というのも抵抗感を和らげてくれる一因になっています。

 スタイルは違いますが、最近はやりのシェフパンツに代表されるウエストにゴムを使ったイージーパンツは、若者の間でもすっかり定番アイテムになって、おしゃれに着こなしている人もたくさん見かけます。7得パンツのようなオーソドックスなスタイルのパンツにも、これからはゴム入りのものが増えてくるのかもしれません。難しく考えずに、素直にはきやすいと感じるパンツを選んでもいいのではないか…。そんな気分にさせられた試着体験でした。

 産経ネットショップで販売される「コムルヴァン・オム お父さんの7得らくらくチノパンツ 3色組」。販売価格は1万989円。送料無料。ネイビー、ベージュ、アイボリーの同サイズ3色組。サイズはS、M、L、LL、3L、股下丈は65、70、75センチから選べます。届いてから14日以内であればサイズ交換可能(※)で、返品往復送料も1回は無料です。価格は全て税込み。価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。

※破損・汚損・においの付着など商品に使用感が見受けられる場合、商品タグの紛失や破損がある場合は交換不可となります。ご利用ガイド「返品・交換」を必ずご確認の上、お申し込みください。<産経ネットショップ>

産経netShop

お父さんの7得らくらくチノパンツ 3色組 お父さんの7得らくらくチノパンツ 3色組