記事詳細

コロナなのに高級品が飛ぶように売れている! 富裕層を動かす「消費の玉突き現象」の正体 (1/7ページ)

 この1年、日本の消費支出は減少しているといわれています。消費が減って貯蓄率が上がっているのです。一方、高額品の需要が高まっています。

 コロナ禍で厳しい業界が多い中、なぜ高額品が動いているのでしょうか。そこには「富裕層人口の変化」と「行動制限」という2つの要因があります。

 流通小売り・サービス業のコンサルティングを約30年続けてきたムガマエ株式会社代表の経営コンサルタント、岩崎剛幸がマーケティングの視点から分析していきます。

 日本の高級品市場はバブル

 先日、都内のある不動産会社社長と話をしていたら、こんな話がでてきました。

 「世の中は消費が厳しい、景気が良くないとも言われていますよね。でも土地に関しては今がピークかもしれません。都内の土地が高くなりすぎて、仕入れるのは至難の業です。もしかしたら、30年前のバブル期より高いかも!?」

 日本の不動産市況は、まさにバブルを迎えているというのです。不動産や株は、2020年後半からバブル真っ只中という状況です。

 高級キャンピングカーが人気

 今、日本ではキャンピングカーがよく売れています。特に1000万円を超えるような大型のキャンピングカーが好調です。中古の売れ行きもいいようですし、レンタル需要も過去最高です。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース