記事詳細

東証続伸、終値189円高 2週間ぶり高値、仮想通貨安定で

 25日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比189円37銭高の2万8553円98銭で、2週間ぶりの高値を付けた。先週急落した暗号資産(仮想通貨)の相場が落ち着いたとの見方や、米国でインフレへの警戒感が和らぎ、金融緩和縮小が早まるとの懸念が後退したことを好感し、ハイテク株を中心に買い注文が優勢となった。

 東証株価指数(TOPIX)は6.48ポイント高の1919.52。出来高は約9億9200万株。

 前日の米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が続伸した流れを受け、東京市場は朝方から上昇した。