記事詳細

【株式フジ】気になるワクチン接種の進展、経済活動はこれからが本番 「JR東海」「JR東日本」陸運主力株はかなり有望 (1/2ページ)

 投資家なら強く認識しておくべきことがあります。「ワクチン接種の進展は経済活動再開につながる」ということです。イギリスやアメリカの例を見ても明らかです。

 ワクチン接種が遅れた日本は、これからが本番ということになります。もちろん消費行動も活発化していきます。

 先週の当欄で取り上げたEC(通販)に絡む銘柄はすべてスマッシュヒットとなりました。「ZOZO(3092)」5月20日終値3675円→26日高値3905円、「BASE(4477)」同1677円→同高値1767円、「メルカリ(4385)」同4900円→同高値5300円、「マクアケ(4479)」同5950円→21日高値6430円。ネット通販が先行し、その後に実店舗販売も復活するストーリーです。

 もちろん、そうなるためには新規コロナ感染者が減少し緊急事態宣言が解除されなければなりませんが、この分だと延長期限とされている6月20日前後に動きが出てくる公算です。

 ワクチン接種で重要なのは高齢者への接種と認識しています。若年層は感染しても無症状や軽症者が比較的多いですが、高齢者は重症化しやすいことが分かっています。

 政府は7月末までに高齢者への接種完了を目指しており、90%超の自治体が期限までに接種を終えられると政府に回答しています。若干のタイムラグが生じたとしても、8月半ばには高齢者接種は完了するでしょう。

関連ニュース