記事詳細

【ABS流 令和NEWバブルのすすめ】今こそワクワクする「大人のバイブル書」が求められている! メディアは情報拡散する“アンプ機能”重要に (1/2ページ)

 私(鈴木)が提言した「ABS世代」は、「JJガールと、POPEYE少年のその後」の世代です。実際、ABS世代は若い頃に雑誌に大きな影響を受けています。当コラムと連動して毎月1回、定期的に実施している「Clubhouse(クラブハウス)」トークライブでは、5月15日に「影響を受けたメディア」をテーマに議論しましたが、参加者の大半は雑誌の影響が一番大きいと語っていました。

 インターネットがない時代、私も雑誌の記事やその記事に触発された情報を友人らと共有して“マニュアル”とし、はやりのファッションに身を固め、ディスコやサーフィンで遊んでいました。

 そんなミーハーな私が40代を迎える直前、再び遊ぶきっかけを得たのも、1999年5月に光文社から発売された雑誌「BRIO(ブリオ)」でした。

 BRIOは、昔JJを読んでいた30代主婦向け雑誌「VERY」のきょうだい紙。主に40代の東京や大阪など大都市在住の男性が対象で、エグゼクティブのライフスタイル全般を提案する雑誌でした。

 誌面構成はJJやVERYと同じく、等身大+アルファレベルの読者モデルを起用。若い頃と今のライフスタイルを対比しながら、「何歳になってもシティボーイであることがカッコいい」と提案し、ディスコブーム復活の火付け役にもなりました。

 しかし、そのBRIOも雑誌不況の波を乗り越えることはできず、2009年8月号を最後に休刊しました。

関連ニュース