記事詳細

【ネット騒然銘柄】新薬効果で“エーザイフィーバー” まだまだ続く?

 株式市場では、先週の当欄で取り上げた「エーザイフィーバー」が続いている。お祭りのネタは、エーザイ(4523)が開発したアルツハイマー治療薬が米当局に承認されたこと。10日、11日は売買代金ベースで連日株式市場全体でトップを記録するなど活況となった。

 株価の急騰は10日の時点で一服する形となったが、ネット上では「まだまだ!」と興奮冷めやらぬ書き込みや、「当面はチェックしないとダメそう」など注目度が下がっていないことを示唆する書き込みが多く見受けられる。今回の株価急騰によって、エーザイの時価総額は製薬2位のアステラス製薬に肉薄。製薬業界の勢力図が塗り替わるのか。

 11日は、前日に新規上場したワンダープラネット(4199)もネット上でコメントを集めた。スマホゲーム会社のコメント数上位ランキング入りはかなり久々かもしれない。

 ただ、株価は11日の午前中に高値をつけた後、急落に転じた。株系掲示板には「もうIPO株はやめるわ…」「トホホ」という悲壮感あふれる書き込みが相次いでいた。 (新井奈央)

 【2021年6月15日発行紙面から】

関連ニュース