記事詳細

【こんな時代のヒット力】味の素冷凍食品「ザ★(R)から揚げ」 こだわりCMで「シリーズ新商品」の印象鮮明 (1/2ページ)

 あふれるジュワッとした肉汁。クセになるニンニクの香り。2020年9月発売、「ザ★(R)から揚げ」(味の素冷凍食品/東京都中央区)の圧倒的な外食店品質が大人気である。同社では具体的な数字を公表していないが、発売初月、冷凍から揚げ市場全体を約105%増加(前年比)させる存在感をみせている。

 チャーハン、シューマイに続く「ザ★(R)」シリーズ第3弾として、から揚げに目を付けたのは発売の約1年半前。その後のコロナ禍など予想できなかった時だった。

 冷凍から揚げ市場は約660億円(19年度)と、15年度比で約133%の伸び。まだまだ拡大の余地があることに着目した。(※インテージSCI 2019年度、冷凍から揚げ購入率、味の素冷凍食品調べ)

 鶏のから揚げは、好きな料理のトップに挙げられ、年間約220億個を消費する国民食である。09年、大分・中津から揚げが注目されたことをきっかけにブームが起こり、現在は第2次ブームといわれる。

 「冷凍から揚げの用途としては弁当のおかずが主で、食卓での利用は3割に過ぎなかった」と、製品戦略部から揚げ担当、笹枝由紀子さんは言う。食卓に出すには、既存の冷凍から揚げの1個当たりの大きさが物足りないことが分かり、「食べ応えのあるサイズ、で家ではできない味つけ、食卓が華やかになる外食店品質を求めていることがわかった」という。

関連ニュース