記事詳細

【令和を変える! 関西の発想力】参加すると健康になる「フレイル予防ツアー」 兵庫・神姫バス、専門ガイド養成 (1/2ページ)

 フレイルという言葉をご存じでしょうか。高齢になるほどに体が衰え、要介護状態に陥るまでの「だんだん弱っていく状態」を表す言葉で、日本語なら「虚弱」に当たるとか。なんだか怖くなりますが、実はこのフレイル、専門知識をもって正しく予防すれば要介護状態に進むことなく、元気なまま「ピンピンコロリ」の幸せな最期を迎えることができるそうです。

 つまり今後の超高齢化社会を考えると「フレイル予防」はとんでもなく重要で、団塊の世代が後期高齢者になる「2025年問題」が目前に迫る中、社会全体で取り組むべき課題といっても過言ではありません。

 そんな中、神姫バス(本社・兵庫県姫路市)が日本初の「フレイル予防ツアー」を売り出しました。大自然やヘルシーグルメを楽しみながら、フレイル予防の専門知識を習得したバスガイドが体に良い体操や食事法をアドバイスする、一種の機能性ツアーです。

 今秋、9月実施の第1弾プランを発売したところ、なんと、あっという間に売り切れてしまいました。しかもキャンセル待ちが続出する人気ぶりで、同社では急きょツアー日程を追加するなど対応に追われています。人気のポイントはズバリ、フレイル予防の専門知識をもつバスガイドが添乗すること。コロナ禍で健康不安が増幅する中、高齢者には新鮮な魅力として受け止められたようです。

関連ニュース