記事詳細

JT高温加熱型たばこ用デバイス「プルーム・エックス」発売 スタイリッシュな美しさと優れた操作性 体感型エキシビジョン11月14日まで開催

 日本たばこ産業(JT)は、高温加熱型のたばこ用デバイス「プルーム・エックス(Ploom X)」の発売を記念し、体感型エキシビジョン「X_VISION inspired by Ploom X」を11月14日まで開催する。

 新デバイスの「プルーム・エックス」はスタイリッシュな美しさと操作性に優れた“Nastro(ナストロ)”デザインが特長。気流の流れに着目した加熱技術「ヒートフロー」を搭載し、従来機よりも吸いごたえが向上している。

 1Fのエキシビジョンエリアでは、「プルーム・エックス」の世界観をメディアアートに昇華したインスタレーション空間が広がっており、作品を鑑賞しながら新デバイスの試喫ができる。展示されているのはアート集団「フロウプラトウ」が手掛けた作品で、3方向の映像とサラウンドによる没入体感型インスタレーションだ。作品は自身が選んだデバイスのカラーや当日の天気などと連動し生成され、5040通りのパターンがある。

 2Fショップエリアでは、「プルーム・エックス」の体験および使用方法の説明を聞くことができる。また「プルーム・エックス」の先行販売も実施している。

関連ニュース