記事詳細

普通の炭酸じゃ物足りない 飲料会社が「強炭酸」に続々参戦する背景 (1/5ページ)

 無味、無糖のプレーン炭酸水が好調だ。全国清涼飲料連合会によれば、2020年のプレーン炭酸水の生産量は31万5700キロリットルで前年比100.6%。15年前から比べると11倍にも伸長している市場だが、近年は「強炭酸」をうたう商品が目立つ。炭酸業界に何が起きているのか。

 今年6月、サントリー食品インターナショナルは「サントリー天然水」ブランド史上最高レベルのガス圧の強炭酸水として「THE STRONG 天然水スパークリング」を発売した。同社がプレーン炭酸水を発売開始したのは2013年。炭酸を強めたのは2018年で、2019年になるとパッケージに「強炭酸」を表記した。

 日本コカ・コーラは2018年、〈史上最高のガスボリューム〉として「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」を発売し、2019年にも〈さらに刺激が強く、炭酸が持続する強炭酸水〉へリニューアル。さらに今年5月には、過去最高のガス圧を実現したという「アイシー・スパーク from カナダドライ」を新発売している。

 ◆「強炭酸」が目立つようになったのはいつからか

 500mlペットボトルのプレーン炭酸水カテゴリで、「強炭酸」をいち早く打ち出したのはサンガリアだ。同社は「伊賀の天然水炭酸水」を、2016年12月に「伊賀の天然水強炭酸水」としてリニューアル。また、プレーン炭酸水市場を広めた立役者でもあるアサヒ飲料が「ウィルキンソン タンサン」から500mlペットボトルを発売開始したのは2011年だが、炭酸を強めたのは2019年4月。パッケージには「史上 最強刺激」と新たに入れ、刺激の強さを表した。

NEWSポストセブン

関連ニュース