記事詳細

【トラトラ株】22年3月期の上方修正を発表「シュッピン」好業績 「戸田工業」基幹事業など想定上回る受注 売り上げ好調「イー・ガーディアン」 (1/2ページ)

 感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」の広がりで、国内の新型コロナウイルスの感染が拡大している。政府は、その対策として、緊急事態宣言の対象地域を2日から6都府県に拡大した。これを受け、経済正常化期待が大幅に後退してしまい、日経平均は冴えない動きを続けている。

 ただし鉄鉱石の値上がりや、コンテナ船の運賃の上昇など、「市況上昇」が業績の追い風になっている海運、鉄鋼、商社などの株価は堅調だ。当面の日経平均の上値は重そうだが、好業績銘柄の個別株物色は活発に行われる見通しだ。

 まずシュッピン(3179)は、好業績が注目ポイント。

 4日、2022年3月期通期業績の上方修正を発表した。売上高は388・31億円(前回予想比1・6%増)、営業利益は19・96億円(同8・0%増)に上方修正した。

 当第2四半期累計期間における業績は、主力のカメラ事業においては、前事業年度末にリリースした「AIMD」とOne To Oneマーケティングを活用した販売施策を実施し、時計事業においては人気時計ブランドのロレックスを中心とした戦略的な品揃えを維持したことで、売上高は順調に推移している。

 次に戸田工業(4100)も、好業績が注目ポイント。

 同日、22年3月期通期連結業績の上方修正を発表した。売上高は310億円(前回予想比1・6%増)、営業利益は17億円(同21・4%増)に上方修正した。

関連ニュース