記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】ワタミ「ワクチン接種済バッジ」で接客 12年ぶり「社長復帰」の理由 (1/2ページ)

 10月1日付で、ワタミの会長兼社長として、12年ぶりに社長に復帰する構造改革を発表した。変異株が猛威をふるい、コロナは想定より長引いている。経営も緊急事態だ。

 「焼肉の和民」や「ワタミの宅食」など8つの営業系の事業本部長を、実質のCOO(最高執行責任者)と位置づけ、意思決定権を大幅に拡大させスピード経営を実現することが狙いだ。アフターコロナのV字回復において、8つの事業部が8つの夢を追う、強い体質を意識した。

 もう一つの狙いは、ワタミが最重要と位置付ける「人材」への寄り添いだ。居酒屋を中心に店舗休業が続き、多くの社員が不安を抱えている。かなり深刻だ。これまで社長兼COOだった清水邦晃が、代表取締役副社長として、人材の最高責任者に就きフォローにあたる。

 アルバイト出身の彼は、優しさと明るさと経験を持ち合わしている。全従業員の相談相手と、今後の人材育成や労務改革を全面的に託す。

 私は、40代のころには50歳で引退すると言い続けてきた。企業を第2、第3の成長段階に入れ、100年企業の礎を築いてもらいたいと思っていたが、間違いだと気付いた。創業者は生涯創業者であり、ゼロから作った会社を誰よりも理解し、愛している。特にこのコロナ危機においては、いちばん気力のある人が経営を担うべきだ。

関連ニュース