記事詳細

【コロナが変えた会社のカタチ】コスモエネルギーホールディングス ライン長制度で細かなマネジメント (2/3ページ)

 そこで、「在宅勤務で困っていること」について社内でアンケートを実施。ライン長(部課長クラス)によるきめ細かなマネジメントが必要であることが分かり、対応としてライン長向けのオンライン研修などを行っている。

 グループの在宅勤務では、業務開始時にその日の業務予定を、業務終了時にその日の成果をライン長に報告するルールがある。ライン長には、「1日1回は、画面越しでも顔を合わせ、チャットで会話するなど、部下に関心を示してほしい」と伝えている。マネジメントの要諦や具体例をまとめたガイドラインも作成。きめ細かい対応で生産性を高め、業務成果を着実に上げるための環境を整備することも人事部の大きな役割だ。

 現在、注力しているのがダイバーシティ(多様性)への取り組みだ。女性活躍を優先課題とし、22年度に女性管理職比率6%、採用女性比率30%(基幹職)を目標としている。

関連ニュース