記事詳細

【夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦】おいしさキープ「凍眠ミニ」がヒット 世界16カ国で特許を保有する「テクニカン」 (1/2ページ)

 リキッドフリーザー「凍眠(とうみん)」を開発・製造し、世界16カ国で特許を保有しているのがテクニカン(横浜市、山田義夫社長、https://www.technican.co.jp/)だ。

 凍眠の誕生は、1980年代までさかのぼる。外食ブームで食肉需要が急増した頃、食肉会社の商品開発だった山田氏が、冷凍時間短縮の必要にせまられて液体凍結を開発。食肉会社は大躍進を遂げ、数年後に山田氏は凍結機メーカーとして独立し、凍眠とともに歩む道を選んだ。

 凍眠の特徴は、マイナス30度の液体(アルコール)で凍結すること。その速さはマイナス100度の窒素ガスの8倍だ。時間の短縮だけでなく、解凍後のおいしさの再現度が高いのは偶発的に確立されたものだったが、今では飲食チェーンのセントラルキッチンやレストランにはなくてはならないものとなった。

 飲食業界では知る人ぞ知る凍眠だが、10年ほど前から「小型のものが欲しい」という声が多く聞かれるようになった。しかし、低価格の機械は営業効率が悪く、山田氏は躊躇(ちゅうちょ)したという。ミニサイズを作るなら、大きさと価格設定、電圧が悩みの種だった。

 3年がかりで企画・開発された「凍眠ミニ」は、50センチ四方に置け、100ボルトに対応。価格は、類似した商品の半額以下の78万円で、個人店でも導入が可能な価格とした。

関連ニュース