記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】お肌のお手入れ ちょい高級クリームでみずみずしく「アベンヌ ミルキージェル EX」 (1/2ページ)

 子供のころは日焼けが推奨され夏休み後に日焼けコンクールもあったし、30代までは夏の海で日焼けクリームを塗り懸命に焼いたツケで胸はダルメシアンのようになっている。オゾン層破壊が話題になって1980年代半ばに過度な日焼けは体に良くないといわれ、日焼けクリームではなくて日焼け止めクリームが推奨されたが時すでに遅しだった。

 顔にはシミがたくさんあるのに、顔の色艶が良いですねといわれることがある。ジムに通って身体を鍛えることをしたことがないが、けっこう身体に投資している。髪にシャンプーとトリートメント、整髪料代わりに馬油、身体を洗うのは固形せっけん(液体せっけんは好きになれない)と、それぞれこだわりの製品を買い込んでいる。

 肝心の顔の手入れは1日が終わると洗顔フォームで、男に多い脂性肌の原因となる過剰な皮脂(女性の2~3倍)を念入りに洗い流している。その後の手入れも怠りなくしているが、何を使っているかの前に皮膚の簡単な勉強をしておこう。皮膚のいちばん外側にあるのが角質層で角質細胞がパイのように10~20層も重なっている。角質層は外部の水分の侵入を防ぐとともに内部から水分が漏れるのを防ぎ、油分の膜を作り皮膚から水分を失わない働きをし健康な肌を維持する役割をしている。

関連ニュース