記事詳細

【令和を変える! 関西の発想力】京都の華道が教える古くて新しい創造力 時代に合わせて見せ方を変える不断の努力で人々の心を掴む (1/2ページ)

 千年の都・京都。その魅力は世界の人々の心をとらえて離しません。しかもコロナ禍で観光できない今、京都の人気はますます高まっています。それを裏付けるように、アメリカの大手旅行雑誌コンデナスト・トラベラーは昨年10月、読者投票による「世界で最も魅力的な大都市ランキング」において、初めて京都が1位に選ばれたと発表しました。

 しかしなぜ、これほどまでに京都は外国人の心を掴(つか)むのでしょうか。その極意が少しでも分かれば、コロナ禍に落ち込んだグローバルビジネスを立て直すヒントになりそうです。

 そこで、京都を本拠地に国内外約100拠点のグローバルネットワークを持つ華道家元池坊に、世界の人心を掴む極意を聞いてみました。というのも池坊は室町時代から約560年間、華道の歴史と文化を忠実に守りながらも、次々と斬新な企画を打ち出しているのです。

 たとえば、5年ほど前にはジャニーズばりのイケメン華道男子グループIKENOBOYS(イケノボーイズ)を発表。次々とテレビやイベントに出演させて若い世代を中心に幅広い人気を集めています。

 また先日は二条城近くの現代アートギャラリー「京都場」で10月16日から2日間、新しい芸術「いけばなアート」を披露すると発表しました。タイトルも「IKENOBO いけばなアート展『いま。』」と現代オシャレ風で、20~30代の若手華道人たちが自由な発想で作品を制作し、来場者だけでなく、インターネットのライブ配信で世界とつながりながら新しい華道の魅力を共有するそうです。

関連ニュース