記事詳細

【今からできる年金+10万円生活】定年退職者にキッチンカーという「場」を提供 バクテーの売り上げで「年金+月額10万円」軽くクリア (2/3ページ)

 「キッチンカーの文化を創りたいという同社のビジョンに感銘を受けました。すぐ登録し、場所の提供も受けて出店することにしました」(伊藤氏)

 では、バクテーの売り上げで、「年金+月額10万円」は可能なのだろうか。

 「その金額は軽くクリアできます」と伊藤氏。コロナ禍の現在は毎日2-3時間のランチ営業だけだが、普通にやれば1日の売り上げは3万円以上見込める。仕入れやMellowへの場所代などを支払っても手元に月に20万-30万円は残るという。

 コロナが収束し、各地のイベントが解禁されれば、1日の売り上げで10万円は見込めると伊藤氏は言う。月に4回の出店で、年金の減額のほうが心配になるほど粗利益が出そうだ。

 伊藤氏のフランチャイズ加入者には長野の工場で作るスープをレトルトパックで提供する。豚肉の仕入れは直接やり取りしてもらう。加盟料は月に3万円という。興味のある人はネットで「バクテー キッチンカー」と検索すれば伊藤氏のホームページに行き着く。

 「場を提供するために始めたのですから、売り上げからのマージンは取りません。役所手続きなどいろいろなこともお教えします」

 キッチンカーと厨房機材、許可証取得などの初期費用には460万円程度かかるが、信頼できる業者を紹介するという。

関連ニュース