記事詳細

【ネット騒然銘柄】海運大手「日本郵船」「商船三井」「川崎汽船」の株価が急落

 9月27日、28日とネットトレーダーたちの間でもっぱら話題となったのが海運株である。28日は、大手株系掲示板やツイッターで日本郵船(9101)や商船三井(9104)、川崎汽船(9107)といった代表的な海運株についての書き込みが軒並み急増した。

 海運大手の業績は、市況改善の追い風を受けて好調そのものである。そのため、最大手の日本郵船の株価は年初から4倍超に上昇。商船三井と川崎汽船も軒並み3倍超に上昇しており、海運株は2021年のスター株候補に名乗りを上げている。

 ネット上で書き込みが急増しているのは、27日からこの3銘柄の株価が急落に転じたからだ。28日が中間配当を得るための最終日だったため、配当の権利落ちによる下落に、その下落を見込んだトレーダーの売りが加わったものと思われる。

 大手株系掲示板では「まだブームは去ってない」といった“買い派”と「まだまだ下げるよ」といった“売り派”の書き込みに対して、それぞれ同程度の支持と不支持票が入るなど意見が拮抗(きっこう)している。スター株候補の先行きはいかに。 (新井奈央)

 【2021年9月30日発行紙面から】

関連ニュース