記事詳細

【ネット騒然銘柄】IPO株が苦戦…「綱渡り感えぐい」

 9月下旬はIPO(新規株式公開)ラッシュとなった。11社が新規上場を果たしたが、上場後の株価動向はいまひとつだ。上向く兆しを見せる銘柄もあったが、全体相場の急落が直撃し、多少上がっても売り戻される銘柄が目立つ。

 9月30日に新規上場を果たしたアスタリスク(6522)も同様だ。上場初日は好調な滑り出しを見せたが、10月1日は売りに押される展開となった。2ちゃんねるの株板では「綱渡り感えぐい」「まばたき厳禁な」など、なんとか踏みとどまっている状態に緊張を隠せないトレーダーが続出している。毎年の恒例になっている年末のIPO祭りを前に、相場の活況を祈りたいところだ。

 1日は、前日比8.7%安となった任天堂(7974)など株価急落が続く大型株に関する書き込みが増えた。また、今年8回目のシステム障害が発生したみずほフィナンシャルグループ(8411)や、国内新車販売が大幅減少したトヨタ自動車(7203)に関する書き込みが増加。ネットトレーダーたちも当面は枕を高くして寝られない状況が続きそうだ。 (新井奈央)

 【2021年10月5日発行紙面から】