記事詳細

【株式フジ】注目株が増配要因の急伸で、大幅増配確実で好感の海運株と鉄鋼株想起 「商船三井」「JFEホールディングス」 (2/2ページ)

 実はこの2銘柄は増配(中外製薬は増配含みの「未定」に変更)も株価上昇の要因と見られています。株主還元姿勢も評価されたことになります。

 こうなると、7月末から9月末までの短期間で大幅増配が好感され株価2倍高となった「商船三井(9104)」を始めとする海運株、7月末から大幅増配確実とされ9月中旬にかけて株価が5割高となった「JFEホールディングス(5411)」などの鉄鋼株が想起されてきます。日本企業の業績と株主還元姿勢、そして投資家の反応は好転していると見ていいのではないでしょうか。

 足元、本格化している3月期決算企業の上期決算発表では多くのポジティブサプライズがあると思われます。中外製薬はコロナ治療に使われる関節リウマチ薬「アクテムラ」と抗体カクテル療法「ロナプリーブ」の売り上げ増加が寄与、東京製鐵は世界的な経済活動再開に伴う鋼材需要の堅調推移が主因です。引き続き株価動向に注目していきたい銘柄です。

 (株式情報DL/CD『天海通信』29日発行。詳細は私のHPやFBページをごらんください) (株式ジャーナリスト・天海源一郎)

関連ニュース