記事詳細

【今日から始める10万円株】FBも注目するメタバース関連を狙う 子会社がバーチャルオープンキャンパス「エスユーエス」 大規模投資の「グリー」など (1/2ページ)

 例年11月は、日米ともに株式市場が好調な月。足元の日経平均株価も9月28日以来となる3万円台がターゲットに入ってきた。ただ、株式市場は相変わらずのテーマ不足。その中で唯一、投資家の資金が流入しているのがメタバース関連だ。

 メタバースとは、インターネット上に構築される経済圏を持った仮想空間のこと。ユーザーは、アバターを作って動かすことにより、その空間で現実に近い生活や経済活動を行うことができるようになる。

 米国時間の10月28日、SNS世界最大手のフェイスブックが社名を「メタ」に変更したことを受けて、株式市場の新たなテーマとして急浮上した。今週の10万円株は話題のメタバース関連からピックアップしたい。

 東証マザーズの「エスユーエス」(6554)は、ITやバイオ分野などの技術者派遣事業およびコンサルティングが主軸。子会社のクロスリアリティが運営する「VRイノベーションアカデミー京都」が、アバターを利用したバーチャルオープンキャンバスを開催したことなどを材料に注目度が高まっている。

関連ニュース