記事詳細

【トラトラ株】日本株は「押し目買い」 「メタバース空間」の重要性増す「Kudan」の取り組み注視 「ジオスター」インフラ整備関連のコア銘柄 「ホットリンク」想定上回る収益 (1/2ページ)

 日経平均は16日の2万9960・93円でピークアウトした。ガソリンや重油などの燃料価格が大幅に上昇し、家計や企業業績の打撃となるリスクが高まっていることが主因だ。

 一方、米国でも、物価上昇加速が金利急上昇を招き、米景気や企業業績に悪影響を与えることが危惧され始めている。ただし、物価上昇にかかわらず、米実質GDPの約7割を占める消費が衰える気配はなく、10月の米小売売上高は前月比1・7%増と、市場予想を上回る伸びとなったことから、インフレが更に加速しない限り、米景気が急減速することはなさそう。

 よって、日本株に関しては、弱気にならず、「押し目買い」で臨みたい。

 まず、Kudan(4425)は、メタバース(インターネット上に作られた3Dの仮想空間)関連のコアストックとして注目する。なぜなら、人間の空間、仮想のデジタル空間、ロボットの空間の3つが入り混じる「メタバースの空間」では、同社が取り組んでいる「人工知覚=機械の目(AP)」による空間位置認識の重要性が増しているからだ。

 ちなみに、同社が提供するAPは、「人工知能=脳(AI)」と相互に連動・補完し、機械(ロボット・コンピュータ)の自律的な行動や機能を実現する。つまり、AP(周囲を理解する機械の目)は、AI(適切な判断を下す機械の脳)と共に、今後あらゆる産業の基盤となる見通しだ。

関連ニュース