顧客ニーズに合わせた複合型のコンビニが増加

2013.11.19

 身近で利便性の高いコンビニのサービスに、専門性が加わればどうなるか?

 健康に特化したフラッグシップ店を出すなど、早くから健康面に力を入れてきたローソンでは、調剤コーナーを設置して処方箋に対応する調剤薬局併設店舗やOTC医薬品取り扱い店舗を持ち、展開を進めている。

 今秋、ファミリーマートでもドラッグストアとの一体型の展開と、調剤薬局との一体型店舗「ファミリーマート+ファーマライズ薬局末広町店」(東京都千代田区外神田6の15の11)を先月、オープンした。

 処方箋の受付はもちろん、薬剤師や登録販売者による「薬相談コーナー」で専門性の高いサービスを提供する。レジ横の“処方箋ポスト”を利用すれば、出勤途中に入れ、昼休みや仕事帰りに薬を受け取れる。時間に制約のあるビジネスマンには、重宝されるサービスだ。一般用医薬品を約280種類、医療用サプリメントや健康食品もそろえており、多忙な時期の体調管理や二日酔い時にも24時間駆け込める。

 さらに、ファミリーマートはコンビニとスーパーの一体型店舗を大阪市生野区に開店。「ファミリーマート×イズミヤ寺田町東店」(生野西2の7の25)は、コンビニATMや公共料金の支払いなどのコンビニサービスはそのままに、スーパーの強みの、できたての総菜や生鮮食品などのアイテム数を広げる形で、24時間体制を整えている。

 他にもローソンとCD・DVDショップ「HMV」が一体となった「ローソンHMV表参道店」(東京都渋谷区神宮前4の2の12)などもある。

 今後も顧客ニーズに合わせて、さまざまな業態と組み合わせた複合型のコンビニが増えそうだ。(児玉奈保美)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!