ブルワーカーでマッチョ体形夢見たが… ドイツ発の「科学の体育道具」

2014.05.20


ブルワーカーの広告【拡大】

 安倍晋三首相は成長戦略への起爆剤として三本の矢を用意したが、高度経済成長から近年に至るまで、われわれの生活には忘れられない三本の矢(棒)があった。

 後年、物干し竿の代わりを果たすことになった「ぶら下がり健康器」、ブルブルと身体を震わせ、最後には天井の照明を叩き割ることがお約束であった「ボディブレード」、そしてもうひとつが、今回ご紹介する「ブルワーカー」である。

 ブルワーカーはドイツで発明された「科学の体育道具」。押したり引っ張ったりしながら筋力増強を図る夢のようなマシーンだ。1960年代の後半から通販などを通じて日本でも発売されるようになった。74(昭和49)年当時の広告によると価格は9800円。消費者物価指数で現在の価格に直すと約2万円である。

 同じく置物系健康器具の大物「ジョーバ」並みの破壊力はないが、短めの物干し竿候補としては、なかなか立派な値段である。

 私たちは、少年雑誌の広告に載っていたコレを欲しがった。広告の写真やイラストで描かれるガイジンのように「カッコよく」なりたかったからだ。買ってから成果を出すためにけっこうな「努力」がいるなんてことはさっぱりわからずに、ただただそれを欲しがった。

 冷蔵庫を買えば生活が豊かになり、テレビを買えばお茶の間が楽しくなる。高度経済成長時代に見られた、へんな「メーカー信奉」である。

 かくして、日本の家庭には三本の矢が奉納された。これらは破魔矢と同じ信仰対象として、いつまでも大事にされていくに違いない。

 ■中丸謙一朗 コラムニスト。1963年生まれ。幼少期は小倉、青春期は横浜で暮らす。好きなアニメは『アパッチ野球軍』。著書に『ロックンロール・ダイエット』(扶桑社刊)他。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。