ママレンジ、年間販売数17万個の大ヒット 家庭に憧れた女子が花嫁修業

2014.05.27


ママレンジ【拡大】

 今回は少し目先を変え、女子向け商品。アサヒ玩具から1969(昭和44)年に発売された「ママレンジ」である。妹がいた私の家にはこの商品があり、子供心に「オンナとは変わったもので遊ぶいきものだ」と思ったきっかけのような商品である。

 価格は2500円。消費者物価指数で現在の価格に直すと約8200円もする。台所のミニュチュアと考えればこんなもんなのかもしれないが、「おままごと」の道具と考えると、高いというか、ようやるわというか。だが、そんな心配もよそに、この商品は、1年で17万個以上販売されるヒット商品となった。

 同シリーズで、1975年に「ママナガシ」という、より台所チックな商品が発売された。たぶん、これも家にあった。「そんなに家事がしたいんかい!」と突っ込みたくなるほど奇妙な商品群だったが、「男が外で稼いで、女は家で家事をする」という当時の風潮からすれば、素直に「かわいらしい」商品であったのだと思う。

 しかし、電熱があったり、子供に「口に入れるもの」を作らせるなど、これも今の価値観からすれば、クレーム・リスクが漂う商品だ。だが、そこはおおらかな昭和の風情。そういう私も、妹が作ったホットケーキ状の小麦粉の塊を食べさせられながら、それはそれなりに楽しかったのを何となく記憶している。

 昔の女子、われわれと時代をともにした「同伴者たち」はこの商品をどんな思いで眺めていたのだろうか。ちょっと聞いてみたい。そんな商品である。

 ■中丸謙一朗 コラムニスト。1963年生まれ。幼少期は小倉、青春期は横浜で暮らす。好きなアニメは『アパッチ野球軍』。著書に『ロックンロール・ダイエット』(扶桑社刊)他。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。