電動鉛筆削り 勉強時間を水増しする「子供のたくらみ」奪う

2014.06.10


電動鉛筆削り【拡大】

 長年の知り合いであるよし子は、会うたびに、「とにかく私は単純労働が好き、ただひたすらに言われた指示に従い黙々と作業する、そういうのが好き」と力説する。「じゃ、鉛筆削りとかでもいいの?」と古典的なことを聞くと、「ああ、それは理想だ」と、149センチの身長で笑った。

 その昔、鉛筆は小刀で削るものであった。その後、ハンドルをグルグルと回す鉛筆削り器が幅をきかせ始めた。そして、進化は加速する。私は新人類などと言われた世代であるが、その「新」である理由のひとつは、鉛筆が「電動で」削られるようになったことだ。

 電動鉛筆削りは昭和40年代に爆発的に普及した。価格は、たとえばこのナショナルのパナパーム(1970年当時)は3500円。消費者物価指数で現在の価格に直すとおよそ1万1000円もする。安くはない。だが、勉強のためのものであるため、比較的簡単に手に入ったような気がする。

 この商品、買ってもらったからといってうれしかったという記憶はない。いや、むしろ、もたもたとした手つきで鉛筆を削り、トータルでの勉強時間を水増しする、そんな楽しみというか「子供のたくらみ」を奪い去った恨みさえ残る。

 ジャーっと、あっという間にキンキンに削られた半ダースの鉛筆にキラリと光るシルバーのキャップ。かたわらには真新しいMONO消しゴム。これらを机の上にそろえられ、「さあ、宿題やれ!」と親に「居直られた」あの恐怖…。電動鉛筆削りを買ってもらうより、いっそ自分が鉛筆削りになりたい。ああ、よし子が言い続けてきたことは、このことだったのか。「ジャー」っという「耳障り」な音を思い出しながら、私は今頃になってすべてを悟った。 (中丸謙一朗)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。