「修繕積立金」のマジック 新築時は低く設定し徐々に値上げ (1/2ページ)

2014.11.23


修繕積立金と修繕計画は真剣に考えた方がいい【拡大】

 分譲マンションを購入すると、誰もが払わなければならないのが管理費と修繕積立金。管理費は日常の管理業務に対するコストだが、修繕積立金は将来発生する共用部分の修繕工事のための積み立てだ。

 多くの分譲マンションは、十数年に一度の割合で大規模修繕工事を行っている。だいたい1戸当たり100万円くらいの負担になるケースが多い。修繕積立金とは、主にその費用を毎月積み立てていると考えればよい。

 しかし、この修繕積立金のあり方には多くの問題がある。

 まず、そもそも大規模修繕工事が十数年に一度という頻度で必要か、という基本的な問題。多くのマンションでは、大規模修繕工事を管理会社が請け負って下請けに丸投げしている。利益率は推定で2割から4割。分譲マンションの中には40年以上も大規模修繕工事を行っていないのに、さしたる支障をきたしていないケースも多い。

 つまり、多くのマンションは差し迫った必要のない大規模修繕工事を行っている可能性が高い。以前にも指摘した通り、分譲マンションの長期修繕計画は、管理会社の長期収益計画と化している。

 さらに、その費用である修繕積立金は入居後に値上げされるケースが多い。新築時は7000円だったのが15年後には2万円になっている、といったパターンだ。特に50戸未満の小さなマンションの場合は要注意。

 これは、新築物件を売りやすくするための偽装のようなものだ。住宅ローンを使って購入しようとする消費者は、販売価格よりも月々の負担額、ローン返済と管理費等の合計額を重視する傾向にある。

 そのため、販売側は管理費や修繕積立金をできるだけ安く見せたいと考える。ところが、日常のコストである管理費には限界がある。そこで、修繕積立金を本来必要である額よりも低く設定する。不足分は将来の値上げで補うという発想だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。