【「01」発想講座】スマホの自動翻訳で巨大な新ビジネスマーケット誕生も (2/2ページ)

2015.02.06


新製品アイデアまでのプロセス【拡大】

 (5)法則を参考に未来を予知する

 米の電気工学者、メカトーフの法則では「ネットワークは利用している人数の2乗倍の割合で価値が増大する」という。そこから考えても、スマホの自動翻訳サービスは急拡大するのではないだろうか?

 (6)近未来市場を洞察する

 5年後の東京五輪では、外国人が多数来日する。翻訳サービスは観光や飲食産業にとっては必需品となるはずだ。いつの世も、最新技術を取り入れた新商品は世の中を変えてきた。スマホの自動翻訳をみんなが使い始めれば、英語学習産業や翻訳・通訳ビジネスには痛手となるが、一方で世界中の人々が気軽に海外旅行ができるようになるため、巨大な新ビジネスマーケットが誕生する。人類史上まれにみる文化交流時代を迎える可能性すらある。

 海外旅行といえばパック旅行しか知らない日本人も変わるだろう。国内旅行の延長のような感覚で世界に触れられるようになれば、狭い島国根性も吹き飛ぶかもしれない。

 (7)新商品のアイデアを出す

 GoogleはGoogleグラスという眼鏡にスマホ機能を内蔵させた新商品も出している。このマイクとスピーカーを翻訳用に使えれば、即時翻訳しながら、外国人と会話ができそうだ。

 また、翻訳機能を内蔵したマイク付きイヤホンの新商品も考えられる。ひょっとすると、翻訳機能を持つ人工の三半規管を耳の中に埋め込めば、世界中の言語はなんでもござれとなるかもしれない。 (久保田達也)

 ■発想プロセスのまとめ
 (1)日常生活からアイデアのヒントを得る
 (2)体験から可能性を考える
 (3)背景から推測する
 (4)検索による情報収集
 (5)法則から未来を予知する
 (6)近未来市場を洞察する
 (7)斬新な新商品アイデアを考える

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。