「幸せ日本一」のファミリーレストラン目指す 「坂東太郎」青谷洋治社長 (2/2ページ)

2015.02.09


和食のファミリーレストラン「ばんどう太郎」関宿店【拡大】

 ハッとした青谷さんは、従業員らに謝り、社長塾を開いた。青谷が講師になるのではなく、みんなの話を聞く塾としたのだった。当初は、辛辣(しんらつ)な言葉ばかりで「絞った雑巾から出た水を飲ましてやりたかった」「後ろから靴で殴ってやろうとも思っていた」と、スタッフが絞り出した言葉は、青谷さんの胸をこれでもかというくらいたたいた。母の言葉どおり、「誰も幸せではなかった」ことに気づく。その母の言葉が「いまの会社の原点」とも言っている。

 今では和食のファミリーレストラン「ばんどう太郎」をはじめ66店舗を展開。青谷さんは、「売上日本一」ではなく、「幸せ日本一」のファミリーレストランを目指している。いまの夢は「筑波山の裾野が全て見えるところに、里山をつくること」。目的は、人を幸せにする「根っ子」づくりなのだと未来を語った。 (細見昇市)

 ■ほそみ・しょういち 1963年生まれ、京都市出身。大学卒業後、リクルートを経て93年に戦略型求人広告代理業務「キイストン」を設立。「波乱」に満ちた経営者ら2万人と会ってきた経験を生かし、人材採用コンサルタントとして活躍。当連載名もあえて「波乱万丈」とした。著書に「リクルート式 一瞬で人事担当者の心をつかむ方法」(PHP研究所)など。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。