subLime・花光社長 夢の実現へ国内外に飲食事業1000店舗ずつ目指す (3/3ページ)

2015.06.02


subLime・花光雅丸社長(野村成次撮影)【拡大】

 【旅行】「米国、西海岸のカリフォルニアやスペインのバルセロナが好きですね。年間10カ国を目標に世界を見て周り、将来の島事業へのアイデアをインプットしています」。今年はヨーロッパ、北米、南米等を周る予定だ。

 【好きな食べ物】すし。6年ほど前、一軒の寿司屋で衝撃を受ける。「貝やタコでも、しゃりと同タイミングでほどける」。以来、食に傾倒していく。「特に30代から40代前半の職人が作る少量多品種のすしが好きですね」。カツオの薫製とロゼの組み合わせはお勧めだ。

 【印象に残る映画】「遠い空の向こうに」(1990年、ジョー・ジョンストン監督)。実話に基づき、4人の高校生がロケット研究に夢を賭ける物語。

 【音楽】米国のロックバンド、SublimeのSanteria。「中学生のころ、この音楽を聴いて衝撃を受けました」。その後は、70年代のR&B、ソウル、レゲエ、ジャズ等に傾倒し、現在はジャジーヒップホップ。

 【社員への接し方】創業時は細かくて口うるさいタイプだったが、現在はほとんど叱らないという。

 「ただ、挨拶できなかったり、時間を守れなかったりと、礼儀や礼節に欠けている社員には注意をします。彼らがあとで苦労しますからね。私自身、23歳のころ、今の妻に指摘され、改めたものでした」

 【会社メモ】中堅外食チェーン。本社・東京都大田区。2006年6月、設立。11年にアイスクリームショップ「レインボーハット」、13年2月には株式会社八百八町を買収。現在は「ひもの屋」「エビス」など14ブランド、201店舗を展開する。うち直営店が64店舗。独立オーナーは19人(45店舗)。資本金2200万円。売上高約80億円。従業員数600人。関連会社にsubLime design、RHコーポレーション、八百八町。

 ■花光雅丸(はなみつ・まさまろ) 1981年6月17日生まれ、和歌山県出身。2004年3月、青山学院大学経済学部経済学科卒業。同年9月、レインズインターナショナル入社。05年9月、同社退社。同年11月、東京・吉祥寺に屋台「subLime吉祥寺本町店」をオープン。06年6月、subLimeを設立。14年1月、外食アワード2013(外食産業記者会選出)の「外食事業者部門」受賞。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。