【「01」発想講座】某企業の人工知能を試用 AIはIQ4000の良き友?参謀?恋人?  (3/3ページ)

2015.10.02


ソフトバンクのパーソナルロボット「pepper(ペッパー)」にも人工知能システムが搭載されている【拡大】

 AIが現在のパソコンのように「1人1台」の時代になると、ビジネスマンは毎日こんな会話をしなければならないかもしれない。ちょっと面倒くさい気もする。

 だが、「経営者にとってのAIは、よきナンバー2を得るようなものだ」という学者もいる。たしかに、優れたナンバー2を得たボスは過去にも成功をおさめてきた。AIは24時間365日、笑顔(?)で経営者を支え、励ましてもくれる。AIには欲がなく、指示者の命令には絶対服従してくれる。裏切ったり、約束を破ることもない。だが、そのAIがハッキングされたらどうなるのだろう?

 知り合いの学者は、「利用者の能力を最高に発揮してくれる超美形ロボット秘書を1人が1台ずつ持つ時代がやってくる」と予測している。さらに、「AIを脳に直結し、最高のエッチがVR(バーチャルリアリティー=仮想現実)で楽しめる美魔女を秘書にするぞ」とめちゃくちゃな願望を語るが、電源が切れた時にきっと寂しい思いをするだろうなとも思う。 (久保田達也)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。