【デジタルツール考】圧倒的に書きやすい「iPad Pro」 (1/2ページ)

2016.04.01

(1)「Smart Keyboard」
(1)「Smart Keyboard」【拡大】

  • <p>(2)「Smart Keyboard」のキーボード部分を折りたたむとカバーになる</p>
  • <p>(3)「Smart Keyboard」のキーボード上部の溝にiPad Proの側面をはめるとノートパソコンのような形になる</p>
  • <p>(4)Apple Pencil(左)とスタイラス</p>
  • <p>(5)「Apple Pencil」は、純正の「メモ」など、手のひらの静電気を感知しないようにする機能(パームリジェクション)があるアプリなら、画面に手を乗せても文字や絵が自由に描ける</p>

 先週に続き、アップル「iPad Pro(アイパッド・プロ)」12.9インチモデルの「使いやすさ」について考える。前回は、大画面ならではの「見やすさ」に焦点を当てた。今回はその圧倒的な「書(描)きやすさ」について紹介しよう。

 iPad Proにはアップル純正の「Smart Keyboard(スマートキーボード)」と「Apple Pencil(アップルペンシル)」というオプション機器が用意されている。iPad Proはタブレットなので、もちろん単体でもテキスト入力や描画はできるが、これらの純正品を組み合わせると、パソコンをもしのぐ快適な入力環境が実現する。

 Smart Keyboardは、カバーとキーボードを一体にしたものだ=写真(1)。キーボード部分を折りたたむとカバーになり=同(2)、キーボード上部の溝にiPad Proの側面をはめるとノートパソコンのような形になる=同(3)。

 強力な磁石で合体する仕組みで、そのまま膝の上に置いて入力したり画面を強くタッチしても、簡単には外れない。この接続時にiPad側から電力が供給されるので、Smart Keyboard自体の充電は不要だ。

 12.9インチの横幅に合わせたサイズなので、キーピッチ(幅)には十分な余裕がある。キーストローク(押し込みの深さ)はさすがに浅いが、画面上のキーボードをタッチするよりは、はるかに打ちやすい。ノートパソコンのように使えるだろう。

 Smart Keyboardの重量は約340グラム。これを装着したiPad Proの重さは、ほぼ1キロだ。タブレットとしては重いが、ノートパソコンと比べると軽量。しかも、綴じたときは最厚部で約1.4センチという驚異的な薄さになる。

 ただし、価格は税別1万9800円。安いAndroidタブレットが1台買える金額で、iPad Pro(同9万4800円〜)と合わせると10万円を軽く超えてしまう。ノートパソコンを買うつもりで購入を検討したい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。