横浜の過去と未来を感じる 「YCCヨコハマ創造都市センター」

2016.05.24

「YCCヨコハマ創造都市センター」
「YCCヨコハマ創造都市センター」【拡大】

 みなとみらい線馬車道駅を降りてすぐ上の横浜アイランドタワー、そこに隣接するのが「YCC ヨコハマ創造都市センター」。同施設は1929年に建てられた旧第一銀行横浜支店の歴史的建造物を使用して、クリエーターと企業・団体などが出会い、ともに創造活動を行うスペースとして設けられた。

 1階は、天井高7・2メートル、花崗(かこう)岩仕上げの床、古典的なスタイルの柱を残しギャラリーとカフェを併設する。カフェからは周囲の赤レンガのクラシカルな建物と、みなとみらいの現代的なビル群が共に借景のように見える。広くゆったりとした雰囲気の中で、過去と未来をともに感じながら休むのも一興だ。

 そしてエントランスホールには市内中小企業の技術力(technic)とクリエーターのアイデア(idea)をかけあわせた横浜の地域ブランド「texi yokohama」のプロダクトが展示されるショールームがある。

 誤差2ミリ以下の鋳造技術と3次元の立体成型ができる高度なノウハウを生かした「鋳造アルミの立体ハンガー」、共通のパーツをプラモデルを作るように組み立てるユニークな照明器具「アルミニウムノックダウンライト」など、技術と創造性のコラボが見られる。 (矢吹博志)

 ■YCCヨコハマ創造都市センター(神奈川県横浜市中区本町6の50の1 (電)045・307・5305)11〜22時(カフェは20時まで)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。