人工知能で写真のタイトル付け&自動仕分け バックアップに便利な「Googleフォト」 (1/3ページ)

2016.05.26

(1)Googleフォトの「アルバム」
(1)Googleフォトの「アルバム」【拡大】

  • <p>(2)Googleフォトの設定で「似た顔をグループ化」をONにしておけば、Googleフォトが同一人物だと認識した写真を「人物」でまとめてくれる</p>
  • <p>(3)Googleフォトに使われている人工知能の仕分け内容はおおむね合っていますが、中には「食品」の欄にどう見ても食品でないものも混ざっています</p>

 Q:高画質の写真が撮れるスマートフォンに買い替えたら写真や動画を撮るのが楽しくなり、あっという間に数百枚の写真がスマホの中にたまってしまいました。スマホのメモリー不足や紛失が心配なので、別の方法で保存しておきたいのですが、良い方法はありますか?

 A:自分が撮った写真や動画は世界に1枚しかない大変貴重なものです。家族や友人を撮った写真はもちろん、他人にはただの風景写真にしか見えないものも、当人にはかけがえのない思い出の写真ということもあります。確実にバックアップしておきたいものですよね。

 写真や動画をバックアップする手段としては、パソコンやハードディスクなどの機器を使う方法と、インターネット上のデータ保管(オンラインストレージ)サービスを使う方法があります。ここでは、お金をかけず、それでいて使い勝手が大変いいオンラインストレージ方式の「Googleフォト」でバックアップする方法を紹介しましょう。

 Googleフォトはパソコンやスマホから利用できるネット上の写真(動画)保存・アルバム整理サービスです。パソコンからはブラウザーでGoogleフォトのサイトに接続します。スマホからは、「Googleフォト」アプリで接続します。いずれも、Googleのアカウント(ID)を持っていれば、無料で使えます。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。