「書いて」小さく儲ける方法 匿名で有料創作物販売

2016.05.31

 「書くこと」が好きなので、小説、ルポルタージュなどで定年後の収入を得たいという人もいるのではないですか? また、音楽や写真など自分の創作物で収入が得られればうれしいという人もいるでしょう。

 今は、ブログやSNSがありますから、ネット上で発表することもできます。でも、できたら、ちょっとしたお小遣いぐらいになったらさらにいいですよね。このコラムでいくつかやり方を紹介してきましたが、今若い人たちを中心に注目されているのが「note(https://note.mu/)」というネットサービスです。

 簡単に言えば、コラムや小説、あるいは写真、音楽何でも創作物を掲載することができ、自分で有料または無料を設定することができるのです。たとえば、コラムなどは4分の1ほど公開して、残りは100円が必要、などと設定できます。

 読み手がクレジットカードで支払うと、手数料を引かれた分が作者に振り込まれる仕組みです。ある種の「投げ銭」ですね。noteは、登録や利用は無料のようですが、引かれる手数料など、サイトの注意事項をよく読んで利用ください。

 この仕組みを使えば、匿名で有料創作物販売ができるわけです。自分で宣伝しなくてはなかなか人が来てくれませんが、そんなプロセスを経験するのも、定年起業に向けてのいいトレーニングになるかもしれません。

 このサービスはメディア、出版社の人たちにもチェックしている人が多いと聞きます。片手間に行うのではなくて、書籍化も視野に入れ構成して書いていくのもいいですね。ひょっとして作家デビューもと夢がふくらみます。 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。