自分だけの“アジパンダ”瓶ができる 「味の素グループうま味体験館」

2016.06.14

「味の素グループうま味体験館」
「味の素グループうま味体験館」【拡大】

 1960年代の食卓はちゃぶ台だった。調味料はソースにしょう油、そしてボックス型の「味の素」が定番だった。神奈川・川崎の味の素工場敷地内の「味の素グループうま味体験館」にある商品史をたどるコーナーで現物を見つけ、懐かしくなった。

 同館は、体験型見学のできる3つのコースを用意している(要予約)。昨年のオープンから1年以上たつが、2カ月前に予約受け付けを開始するとすぐ満杯になるほどの人気。自分だけのMy「アジパンダ」瓶の封入体験などができる「味の素」コースと、かつお節削り体験などができる「ほんだし」コースに加え、5月からは調理・試食ができる「クックドゥ」コースも加わった。

 今回「味の素」コースを体験したが、実際の工場と同様、白衣にマスクを付けて作業する。瓶に適量の味の素がしっかり入っているかなどチェックシートまで記入し、生産者になった気分だ。できあがったMy「アジパンダ」瓶は日付と名前を記入して、おみやげに持って帰れる。

 室外に出ると、隣の部屋から中華料理のいい匂いがしてきた。次は「クックドゥ」コースも体験したくなってきた。 (矢吹博志)

 ■味の素グループうま味体験館(神奈川県川崎市川崎区鈴木町3の4)京急大師線鈴木町駅から徒歩1分 入館料無料 見学可能日時は日曜祝日、年末年始を除く毎日(メンテナンス作業日を除く)9時30分〜16時 申し込みは同社HPから。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。