海外経験に背中を押されて 大手家電メーカーから早期退職を決意

2016.07.05

宮原紳之さん
宮原紳之さん【拡大】

 宮原紳之(みやはら・のぶゆき)さん(57)は、新卒の時、大好きな英語を使える環境で仕事をしたくて海外勤務の可能性が高い大手家電メーカーに入社しました。英国、シンガポール、中東のドバイなどに赴任し、2006年の帰国後はアジア中近東地域の統括マネジメントの任を負い奔走しましたが、その頃から日本の家電業界自体の業績は急激に陰り始めていて、早期退職募集第1弾が出されます。

 「その時点では辞めて自分で起業なんて考えもしていませんでした。周りも、猛吹雪なのに外に出るヤツがいるか、という雰囲気でした。ところが会社のマネジメントが変わると社内の空気は一変。50歳以上の社員は早期退職をするのが潔いとする空気が新たに醸成された気がします。すごいストレスでしたね」(宮原さん)

 10年末、一足先に通信関連機器メーカーに移った先輩から声がかかったのを機に早期退職を決意、転職します。

 「新しい環境での仕事は大変でした。その会社の海外事業は成長途上で、何でも自分でやらざるを得なかったんです。しかし今になってみると、その経験が起業のことを考えるベースを作ってくれました」

 新たな環境でスキルを積んだ宮原さんは、仕事を続けながら社会起業大学、起業スクールを経て16年4月に「株式会社Initium Tokyo」を設立しました。

 「日本を海外に啓くという意味のラテン語で中小企業の海外販路開拓をお手伝いする会社です。特に今はシニア市場向け製品やサービスを海外につなげたい中小企業のお手伝いをしています」

 ビジネスキャリアを最大限活用できそうな起業だと感じます。 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。