秋に向けて各プラットホームのアップデートを準備 (1/2ページ)

2016.07.08

「Android N」の開発コードネームは「Nougat(ヌガー)」に決まった
「Android N」の開発コードネームは「Nougat(ヌガー)」に決まった【拡大】

 Googleがこの秋のリリースに向けて準備を進めている「Android N」の開発コードネームを発表した。Androidのコードネームはバージョン1.5のCupcake(カップケーキ)以降、アルファベット順にお菓子の名前がつけられてきて、5.0は「Lollipop(ロリポップ)」、6.0は「Marshmallow(マシュマロ)」だった。次はNから始まるお菓子ということで、全世界から名前が募集されていた。そして決まったのが「Nougat(ヌガー)」だ。

 ヌガーはキャラメルっぽいお菓子としておなじみだ。もともとはアラブのお菓子で、それが中国にわたり、さらにフランスにわたって現在に至っている。最近は、台湾のヌガー「牛乳糖」の人気が急上昇しているようだ。

 この夏時点での新しいAndroid端末にはMarshmallowが搭載されているが、ここ数カ月で、以前の端末も(携帯電話事業者や端末メーカーごとに対応は異なるものの)Marshmallowへのシステムアップデートが実施されている。今回のNougatが広く使われるようになるのは来年の今頃といったところだろうか。

 この秋にはiOSも新バージョンの「10」がリリースされる。基本的に携帯電話事業者がコントロールしているAndroidと異なり、アップルが対応端末に対して一斉にシステム更新をするため、一気に浸透するはずだ。いつもみんな同じという点で、そこはAndroidに対する優位性ともいえる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。