音声書籍は高…くない! 月定額でデータダウンロードし放題の「オーディブル」 (1/2ページ)

2016.07.28

(1)アマゾンのサイトでオーディブルの無料体験を申し込む
(1)アマゾンのサイトでオーディブルの無料体験を申し込む【拡大】

  • <p>(2)登録後、スマホにオーディブルのアプリ(Android、iOS対応)をインストール。アプリを起動して登録済みのメールアドレスとパスワードを入力すれば利用可能</p>
  • <p>(3)30ジャンルの中から聞きたい書籍を探して「ライブラリーに追加」をクリックすると、自分の「ライブラリー」に追加される</p>
  • <p>(4)30ジャンルの中から聞きたい書籍を探して「ライブラリーに追加」をクリックすると、自分の「ライブラリー」に追加される</p>

 Q:老眼が進行し、細かい文字を読むのがつらくなってきました。読みたい本はまだたくさんあるのに残念です。読めないなら耳で聞こうと思い、書店の朗読CDコーナーを探してみましたが、書籍より値段が高いうえ、興味をひくものも限られていました。

 A:小説や実用書、落語などを音声CD化した商品は、「オーディオブック」の総称で、以前から書店などで販売されています。ただ、あまり普及しているとは言えません。質問者の方が指摘しているように、“CDブック”の価格は高く、売り場に置ける種類も限られているためです。

 ところが最近、このオーディオブックがにわかに脚光を浴び始めてきました。CDの形式ではなく、インターネットから音声データをダウンロードしてスマートフォンやパソコンなどで聴く形態のサービスが充実してきたためです。

 音声データの場合、CDブックのようなパッケージは不要で流通経費もかからないため、価格を安く設定できます。実際、同じ小説でCDブックは2000円前後のものが、音声データは数百円という値付けになっています。

 また、インターネット上ではスペースを気にせず、いくらでも音声データを“陳列”できますので、書店よりはるかに豊富な数の本がそろっています。

 そんなわけで、ダウンロード販売のオーディオブックは徐々に利用者を増やしていましたが、ここにきて一気に注目されたのは、昨年7月からアマゾンが「Audible(オーディブル)」というサービスを始めたためです。用意された豊富なタイトルが月額1500円で聞き放題になる定額制のサービスで、開始と同時に各種キャンペーンも行われて体験者が急増しています。

 今なら誰でも1カ月無料で体験可能。また、アマゾンのプライム会員なら3カ月無料体験できます。プライム会員の会費は年間3900円ですが、2000円未満の買い物時に発生する送料350円が無料になり、日時指定や当日発送(お急ぎ便)も無料、さらに音楽や動画配信サービスも無料で使い放題という特典があります。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。