空前のブーム「ポケGO」で注意すること (1/2ページ)

2016.07.29

「ポケモンGO」ストア画面
「ポケモンGO」ストア画面【拡大】

 「ポケモンGO」の勢いがすごい。日本でリリースされた22日には、格安キャリア各社が「ネットワークが混み合っている」といった告知を出したほどだ。さすがに、メガキャリアからはそうしたアナウンスはない。こうした場面で、メガキャリアと格安キャリアの違いがわかる。…といった社会現象が移動体通信ネットワークにどんな影響を与えるのかといった話は別にして、とにかく流行なのだ。

 ポケモンGOは、身の回りのあらゆるところに出現するポケットモンスターをゲットしながら進行するロールプレイイングゲームだ。最初は1996年に、任天堂のゲームボーイ用にリリースされ、その後、アニメやキャラクタービジネスを生み出して大ヒットした。小学生以下にターゲットを絞ることで大成功を果たしたコンテンツだ。

 20年前の95年当時に10歳だった人は現在、30歳前後の大人になっている。あるいはその親でも60歳前後だ。両世代とも懐かしさを感じるだろう。iPhoneやAndroidスマートフォンを使っているなら、無料でストアからダウンロードができるので興味があれば遊んでみよう。

 ポケモン関連ゲームは他にもたくさんあり、検索に迷うかもしれない。米ナイアンティック(Niantic,Inc)が開発元となっていることを確認してインストールしてほしい。Pokemonの「e」にアキュート・アクセントがついているのも目印にしよう。あまりの人気に、偽サイトや偽ゲームも横行しているようなのでダウンロードには十分な注意が必要だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。