格安キャリアも通話定額かけ放題プラン

2016.08.05

IIJmioには3分以内の通話かけ放題600円というオプションもある
IIJmioには3分以内の通話かけ放題600円というオプションもある【拡大】

 世の中には2通りのユーザーがいる。メールやインスタントメッセージですべてを片付けたいと思うユーザーと、直接電話で話をしないと気が済まないユーザーだ。

 格安キャリアは、データ通信料金を一気に引き下げたが、移行を躊躇する理由として、大手キャリアのような電話かけ放題プランがないことがあげられることが多い。

 やはり電話好きな人がまだ多いということなのだろうか。翌週の訪問の日時を決める、といったことなら電話の方が手っ取り早いと考えるのはもっともだが、通話は記録が残らないという点で、言った言わないのトラブルに陥りやすいことも留意すべきだろう。

 そんな状況を読んでかどうか、ここのところ格安キャリアでも、通話定額オプションを提供するところが増えてきている。

 大手キャリアの通話定額プランは、月額1700円で5分以内の電話がかけ放題か、月額2700円で無制限にかけ放題かを選択できる。普通に電話をかけると30秒20円だから、40分または67分を超えて通話すればモトがとれる計算だ。

 格安キャリアが提供する通話定額は、多くの場合、専用アプリによるプレフィックスダイヤルだ。これは、これからかけようとする電話番号に対して定められた7桁の番号を頭につけてダイヤルする方法だ。専用アプリを使わずに、手動で入力しても同じ結果が得られる。

 こうしたプリフィックスダイヤルでの通話は、もともと半額で提供されていた。つまり30秒10円だったが、基本料を払うことで、それが定額かけ放題となるわけだ。

 5分以内の通話がかけ放題の場合の基本料金は、たとえば楽天モバイルで850円、IIJmioで830円だ。IIJmioには3分以内の通話かけ放題600円というオプションもある。だいたい30〜40分を超えて通話をするなら、これらのオプションに加入した方が安上がりになるというわけだ。

 格安キャリアで大手キャリアのような時間制限のない完全かけ放題を提供しているところはまだない。また、5分を超えての通話は30秒10円がかかる。つい長電話ということになると思わぬ出費につながるので注意が必要だ。 (山田祥平)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。