災害時にも長期間冷やしておける冷蔵庫 シャープが「停電モード」搭載 (1/2ページ)

2016.08.17

シャープの停電モード搭載冷蔵庫「JH−DT55B」
シャープの停電モード搭載冷蔵庫「JH−DT55B」【拡大】

 シャープが、停電モード「ココだけ冷え〜る」機能を搭載した冷蔵庫「JH−DT55B」を発売した。

 太陽光発電や蓄電池と連動して利用するもので、災害時などに停電モードに切り替えると、全体の約3分の1にあたる192Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」部分のみを冷やすため、消費電力を大幅に削減。災害時にも、薬や食料といった絶対に冷やしておきたいものを長期間、冷凍あるいは冷蔵できる。

 「4・2kWhの蓄電池が満充電の場合、冷蔵庫全体を冷やすと3日間程度しか持たなかったが、停電モードを使用することで、10日間以上に伸ばせる。スマホの充電やテレビ視聴、照明を同時に利用していても、5日間以上、冷やすことができる」という。

 ベースとなっているのは、同社の最上位モデルであるメガフリーザー「SJ−GT55B−R」。庫内右側に取り付けられた停電モードスイッチを5秒間長押し、冷蔵および冷凍を選択すると、同製品の内部に取り付けられたダンパーが閉じて、全体に回る冷気を制御。停電モードで冷やすことができるエリアにだけ、冷気を送り込む。

 さらに、同製品では、対震ロック機能を採用しており、地震発生時には揺れを感知して、冷蔵庫のドアを自動的にロック。ドアが開いて、中の食品が飛び出すことを防ぐほか、本体の転倒につながる前方への重心の偏りをなくすことができるという。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。