米国にお伺いを立てずに「ヘリマネ」実行を (1/2ページ)

2016.08.18

 いささか刺激的な言い方で恐縮だが、日本銀行の独立性と日本国憲法の第9条はよく似ていると常々思っている。

 日本銀行のような中央銀行は政府からの「独立性」が重要であると考えられている。政府がお金を使いたい時に、これを中央銀行が際限なく供給するなら、ひどいインフレになるだろうということと、政府に財政規律が必要だということとが、セットで心配されて、この考えが支持されているように思う。

 一方、憲法9条は、日本が自衛隊という現実的には間違いなく「戦力」を持っている以上、実態には全く合っていない。自衛隊を国防軍と呼ぶのがいいかどうかは分からないが、憲法を現実に合った内容に変えた方がいいという意見には一定の説得力がある。

 ただし、憲法9条が実態に合っていないことを理解しつつも、これをそのままにしておく方が「方便として得策だ」との考え方はありうる。

 日本は、企業で言うなら、米国の実質支配子会社のような存在だ。端的に言って、憲法は子会社の定款だ。こと軍事に関して、日本は米国の意向に沿う以外の選択肢を持たないのが現実だ。

 米国は日本国内に自由に基地を持つことができるし、自衛隊を含めた日本の戦力は、有事にあって米軍の指揮下に置かれる。こうした米国に対する法的・実質的な関係を前提としたときに、憲法9条を変えない方が、日本の行動に国内的制約が加わって、日本国民にとって有利だという考え方はある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。