LINEモバイル月額500円のワケ 無料になるのはLINE通信料 (1/2ページ)

2016.09.15

(1)LINEモバイルが提供するスマートフォン
(1)LINEモバイルが提供するスマートフォン【拡大】

  • <p>(2)「コミュニケーションフリープラン」は当月に使い切れなかったデータ量は翌月に繰り越しできるほか、LINEのアカウントを持っている相手に対して自分のデータ容量をプレゼントできる機能も付きます</p>
  • <p>(3)LINE取締役CSMOの舛田淳さん(左)</p>

 Q:月額500円という電話のサービスが始まるというニュースを見ました。私は普通の携帯電話を持っていますが、数年前に定年退職して今は特に仕事もしていないため、電話をすることもめっきり減っています。この機会に500円のサービスに乗り換えたほうがいいでしょうか?

 A:質問にある「月額500円」のサービスというのは、何かと話題のLINE(ライン)社が先日発表した「LINEモバイル」のことでしょう。LINEは国内に5800万人以上の利用者を抱えるSNSサービスで、特に10−30代のコミュニケーションは、ほぼLINEで行われているといってもいいのが現状です。

 このLINEを運営するLINE社が、子会社のLINEモバイル社を通じて10月1日から始めるのが同名のMVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「LINEモバイル」です。MVNOとは、いわゆる「格安スマホ」のサービスを展開する事業者で、NTTドコモなど大手電話会社の回線を借りて独自の料金制で格安通信・通話サービスを提供しています。

 LINEモバイルは、NTTドコモの通信網を使います。そのため、利用エリアはドコモと同じです。利用するには、LINEモバイルが提供するスマートフォン=写真(1)=かSIM(シム)カードが必要です。SIMカードは携帯電話やスマホの電話番号(電話加入者)を特定するためのICカードで、ドコモのスマホをすでに持っている人なら、中のSIMカードを差し替えて設定するだけでLINEモバイルが利用できます。

 LINEは高齢者の方にはあまりなじみがありませんが、「月額500円」のニュースは新聞やテレビで広く報じられたため、LINE未体験の人も大いに注目していることでしょう。ただし、今回の質問のように「電話が500円で使える」という誤解をしている人も多いので、内容を整理しておきましょう。

 LINEモバイルの料金プランは、(1)月額500円(税別、以下同)からの「LINEフリープラン」(2)月額1110円からの「コミュニケーションフリープラン」の2種類があります。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。