マンション選びの穴場はここだ! 市場のおかしな空気に惑わされるな (1/2ページ)

2016.09.25

 最近、マンション市場の「バブル崩壊」について、さまざまなメディアから取材を受けることが多くなった。東京でも大阪でも、新築と中古ともに市場の動きは鈍っている。

 2013年にアベノミクスが始まって以来、東京の都心や湾岸エリアではマンションの価格が上昇した。この動きは郊外や地方都市の一部に波及している。現時点で東京や大阪の中心部でマンションを購入しようとすると、4年前に比べて2〜3割ほど高くなってしまう。

 ただ、金利は史上最低水準となっているので、住宅ローンを組んだ場合の月々返済額は2割も増えていない。だから、現在でもマンションの購入に動いている人はいる。

 そんな中、東京の都心近郊でも、マンションの価格が4年前の水準とあまり変わっていないエリアがある。

 近郊エリアでは前にも紹介した神奈川県の川崎市川崎区。このエリアは比較的まとまった土地が出やすいので、大規模マンションが多く供給される。それらが激しい競争を行うので、価格が上がりにくい。同じ川崎市でもバブル色が強くなった武蔵小杉に比べて、タワーマンションの価格が半額に近かったりする。

 東京23区内なら三田線沿線の板橋区。地下鉄で大手町へ直通の便利な立地の割には、価格が低く抑えられたままだ。理由は簡単。高くすると途端に売れなくなるからだ。

 山手線の中から選ぶとすれば、北区にある田端駅の最寄りエリア。山手線の内側で、もっともマンションが安く買えるエリアだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。