AIで献立相談できる12年目の新ヘルシオ (1/2ページ)

2016.09.28

シャープの「ヘルシオ AX−XW300」
シャープの「ヘルシオ AX−XW300」【拡大】

  • <p>冷蔵、冷凍の食材も一緒に調理できる</p>

 今朝、家を出るときに、奥さんに「今日の夕飯、何にする?」と聞かれた読者はいないだろうか。そして、それに対して、「なんでもいいよ」などと曖昧な答えをしていないだろうか。

 実は、主婦にとって、夕飯の献立を考えることは、かなりのストレスになっている。

 手元にある食材や予算、家族の好みや前日の夕飯とは違うメニューにすることなどを考えていくと、なかなか献立は決まらないものだ。奥さんの質問は、たまには今日の献立を決めてほしいという「ヘルプ」のサインだったのかもしれない。

 こうした主婦の悩みに答えてくれるのが、シャープが9月から発売したウオーターオーブン「ヘルシオ AX−XW300」である。市場想定価格は18万円前後(税別)。

 奥さんが、ヘルシオに「今晩なにをつくろうか?」と話しかけると、「今日は暑くなるみたいなので、スタミナがつくスペアリブはどうですか」とおすすめの献立を提案してくれる。また、冷蔵庫に入っている食材を言うだけでも、それにあった献立を紹介してくれる。

 これは、ココロキッチンという人工知能を使ったクラウドサービスによって実現したもの。「献立相談」ができる初めての製品となる。

 ヘルシオは、インターネットでクラウドに接続しており、食材や天候、好みなどをベースに、1000件のメニューから最適な献立を提案してくれる。メニュー数は早期に2倍規模に増やす予定だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。