会社を辞めるタイミングは?

2016.10.04

 地方に移住して起業する人を支援する制度が充実してきました。例えば、和歌山県では一定の条件を満たせば最大100万円の「起業補助金」を準備しています。(http://www.wakayamagurashi.jp/shigoto/kigyou/index.html)。その他、都市部からの移住を後押しし、起業してその地域に根付く人を応援する自治体は多いです。

 さて、問題は「いつ会社を辞めるのがベストのタイミングなのか?」ということです。

 特に50代の方は、まだ定年まで多少時間もありますし、家族のことも考えると難しいところですね。人それぞれで、これがベストというものはありませんが、私が見てきた中での例をお話しします。

 まず、「起業に必要な人脈や知識にめどがついた、起業したい事業に対する理解が深まったとき」。この時点で区切りをつける人が多いです。

 「起業後の具体的な計画をまとめた事業計画書ができたとき」。しっかり青写真が書けたときという方も多いです。ただし、事業計画書は作成して終わりではありません。何度でもブラッシュアップする必要があります。

 「有利な退職ができるとき」。つまり、早期退職制度などを活用するのですね。しかし定年までいたときと比べて目減りするケースが多いですので慎重に検討しましょう。

 「家族と話し合い、お互い納得ができたとき」。会社を辞めて起業、しかも移住を伴うならば家族の同意と協力は不可欠です。

 「資金面のめどがついた。テスト販売で手応えを感じたとき」。資金面に不安がないことが一番です。移住して起業を考えるなら、自治体の支援策を十分に検討しましょう。 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。