スウェーデン発の空気清浄機「Blue by Blueair」 省エネと操作性の高さが魅力 (1/2ページ)

2016.10.12

キューブ型のデザインもユニークな空気清浄機「Blue by Blueair」
キューブ型のデザインもユニークな空気清浄機「Blue by Blueair」【拡大】

 スウェーデンの空気清浄機メーカーであるブルーエアが、キューブ型のユニークなデザインを採用した新たな空気清浄機「Blue by Blueair」を発売した。直販価格は5万4500円(税別)から。

 本体下部には、360度全方向型の吸引口を備えており、大量の空気を吸引。直径30センチの大型プロペラファンと、流体力学に基づいて設計されたファンダクト構造を採用。約4・4平方メートルにも達するフィルターを通って浄化された空気は、余すことなく真上方向に排出し、部屋全体の空気を効率よく循環する。

 ダクト流路中間部分から出口に向かうに従い、口径を外側に拡大する形にしたことで、ダクト中間部に空気を収束。中心の気流は速く、外側にいくにつれて緩やかな風速にすることで、中心の速い気流に引っ張られて上に排出する力を引き上げることに成功したという。

 約1・2キロの活性炭を搭載し、ニオイ物質を強力に除去する。さらに、余計なボタンを排除。1つのボタンだけで電源のオンとオフ、スピードコントロールも行える操作性の高さも魅力だ。

 ブルーエアの空気清浄機の最大の特徴は、同社が創業した20年前から採用している独自のフィルター技術「HEPA Silentテクノロジー」にある。吸引ファンで取り込まれた空気に含まれる粒子や微生物、化合物がイオンチャンバーを通じて通過時にマイナス帯電。その空気がプラスに帯電したフィルターを通過する際に、各種物質が静電気の力によってフィルターに吸着し、空気を浄化するという独自の仕組みだ。高速で空気を清浄することができ、0・1ミクロン以上の微粒子を99・97%除去することが可能だ。フィルターは、粗さが異なる多層化構造となっているために目詰まりを起こしにくい。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。